本文へジャンプ

事業内容


代表取締役 大林世一
当社は、昭和51年創立以来、水処理を通して環境問題に取り組んでまいりました。限りある水資源を確保するために、ますます高度な水処理技術の役割は大きくなっています。
排水処理につきましては当社の多くの経験とノウハウを活かした環境浄化微生物製剤をはじめとし、弊社薬剤 「エルビック」への要望は今後ますます増えるものと考えております。また、排水の多様化に応じた排水処理設備の設計施工、アフターサービス、分析まで最適な技術とサービスを提供しております。

技術部長 技術士(上下水道部門) 環境計量士 栗田良造
技術部では、環境浄化と関わりの深い弊社薬剤「エルビック」を適切かつ効果的にご使用いただくため、微生物調査や各種水処理試験および汚泥処理試験などの性能評価を行い、実状に即した薬剤をご提供する適用化技術について検討を重ねてまいりました。
また、これらの経験や技術力をもとに営業部門からの要求に対する即応体制を強化し、お客様の要望に応じて直ちに対処する技術支援サービスを迅速かつ積極的に行っています。
今後、環境プラントの高度化や複雑化に伴い、薬剤もより高度なものが要求されますが、「エルビック」の特性を活用した処理技術を通して、お客様のニーズにマッチした既存薬剤の改良、新製品の開発、実用化を進めていく所存です。
営業促進課長 小俣晃一
営業部は、様々な水処理問題でお悩みのお客様にスピーディーに対応し、尚且つ十分に満足していただけるような薬剤提案や水処理コンサルティングを心がけております。取り分け、緊急時の処理水質の向上改善や各種トラブルの対策回避、ランニングコストの低減などにおきましては、技術部門に各種必要試験を依頼し、その試験データに基づいた的確な水処理薬剤の提案や運転管理アドバイスを実施しております。
また、環境対策としてお客様の廃水処理設備に適した排出汚泥削減のご提案も行っております。
技術顧問 農学博士/環境カウンセラー/特許管理者 橋本英夫
排水施設に利用するバイオ商品は、すでに弊社のバチルス菌、酵母、有胞子乳酸菌が利用されています。今後は、これらの菌を用いて広範囲な実工程に利用する試みを研究していきます。
例えば、油脂の分解、タンパク質の分解、汚泥の減容化など行っています。
新たな菌を探して、排水処理、廃棄物処理等に利用する方法を特許にして、技術のレベルを高めていきます。例えば、静菌剤を入れて、常温で輸送、保存が出来る醗酵菌体液や濃縮培地液を開発しています。
新規事業として乳酸菌や酵母を用いて、アレルギーの低減やトイレタリーに利用する技術を開発していきます。例えば、乳酸菌を利用した花粉の吸着、乳酸菌と酵母からの生ゴミの防臭に関する商品化に取り組んでいます。

PAGE TOP